メイン画像

小切手換金に関しましてお知らせ

2015年9月4日より一旦停止しておりました小切手換サービスの件でご連絡申し上げます。
再開に向けアメリカの銀行に取引申請をしておりましたが、2016年12月現在、取引再開の連絡を頂けておりません。 この様な状況ですので、残念ではありますが、皆様にご利用いただいておりました小切手換サービスを終了させて頂く事になりました。

今まで、沢山のお客様にご利用頂きまして、誠にありがとうございました。
スタッフ一同心よりお礼申し上げます。
また新たな企画を準備し、皆様にサービスを提供させていただきます。
今後ともよろしくお願いいたします。

小切手換金に関しまして至急お知らせ

日頃より弊社小切手換金サービスをご利用頂きましてありがとうございます。

急ではございますが、アメリカの銀行およびアメリカ行政からの申し出により、小切手換金のサービスを9月4日で一時停止させて頂く事態になりました。

再開まで数か月要しますので、準備が整いましたらHPにてお知らせいたします。また、お預りしております小切手に関しましては通常通り換金予定でおります。

暫くの間、お休みをいただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

チェックチェンジャーの3大メリット。 チェックチェンジャードットコムは米国発行小切手の換金代行を早く安く簡単にお申し込みいただけるサービスです。 国内銀行より… (1)換金日数が早い:銀行は3週間から1ヶ月。チェックチェンジャーは10日が目安。 (2)手続きが簡単:銀行は毎回書き込みの手間。チェックチェンジャーはオンラインで申込、小切手裏し、郵送するだけ。 (3)手数料がお得:銀行は小切手1枚毎に規定手数料。チェックチェンジャーは総額での定額制とパーセンテージ制。 注意:上記3点は保証ではなく、各種条件によって銀行が有利な場合もあります。

必ずお読みください

  • 1枚1万ドルを超える小切手のお取扱いは出来ません。
    2分割での発行を小切手発行元にご依頼ください。よろしくお願いいたします。

小切手取り立ての流れ

10営業日が目安(日米休日は含まず)

  • お客様から小切手受け取り(配達証明郵便推奨)
    (不換金条件小切手選別/金額、期限、発行者、名義人、裏書、その他)
  • 提携先米国小切手取立て業者へ送付
  • 業者側銀行へ小切手取り立て依頼
  • 発行者側銀行へ小切手送付
  • 発行者銀行口座より業者側銀行口座へ入金
  • 利用者銀行口座へ入金

※弊社は換金された資金流用や滞留をさせることは一切いたしません。

取立て手数料

  • US$50~US$199.99=US$20
  • US$200~US$4999.99=10%
  • US$5,000.00以上=ご相談

小切手換金条件

  • 米国内銀行口座発行のUSドル小切手(カンパニーチェック)
  • 金額は50ドル~
  • 申込者名(身分証明書)と小切手名義と銀行口座名義の3点一致
  • 申込み時に身分証明書(運転免許書、パスポート)のコピー提出
注意:発行者側へ取立てが回って、口座残高不足、口座閉鎖、支払い中止指示
不正を含む詐欺小切手の場合、銀行費用を全額負担頂きます
・小切手は有効期限切れ30日以前のものに限ります。
(発行元に再発行手続きをご依頼下さい。)

裏書の方法

サイン小切手表面のPAY TO THE ORDER OF 以降の記載名でのサイン
例) Yamada Taro 筆記体でのサイン

サービス利用者の条件

詐欺や不正小切手取立ての事件性ある事柄にご注意下さい

  • 自己宛に発行された小切手である
  • 受領すべき理由が明確である
    (物販、サービス提供、返金、報償)
  • 不換金小切手を持ち込んだ米国銀行手数料の負担
  • 換金済み後に詐欺や不正小切手として発覚した場合の返金
  • CCの間違いにて過分に支払った場合の返金

サービス利用リスク

  • 郵送小切手の紛失、盗難等
    (至急発行者に換金停止と小切手の再発行を依頼する)
  • 銀行のシステムや規制での換金遅延
  • 小切手の真贋チェックでの換金遅延
  • 換金支払済み後の不正小切手発覚での返金
    (1年間は換金後詐欺又は不正小切手の申し立てが出来る)
  • その他CCでコントロールできない事態 (天変地異、戦争、暴動、その他.)